日日古本屋

岐阜の古書店・徒然舎店主の日乗です

6月2日(日)

朝礼のあと、カウンター前の文庫を棚に差す。各ジャンルの近くにそのジャンルの文庫を置く、というかたちにずっとこだわっているけれど、スペースや見た目の整いを考えると、やはり文庫は文庫でまとめた方が楽かなあと考える。開店少し前に終わったので、レコメンドと夏葉社の新刊も平台に出す。

それにしてもますます不調気味な時期にきている。むくみ、怠さ、眠気、貧血のような感じ。座って休んでいるとぼーっとしてしまうけれど、病気ではなく、時が経たないと解消しないとわかっているので、無理やりでも腰を上げるのが正解だよなあと思い、立ち上がる。

2階事務所の棚にある、通販入力済みの本が溜まってきたので、と言われ、チェックに行く。この段階で「店に出したい」とわたしが決めたものが、値札を貼り、カバーをかけたりパックしたりした状態で店に下りてくる流れになっている。よい買取が続いたので、美術書の新着が多い。美術書は本そのものも美しくて、触っているだけでもテンションが上がる。早く店に並べたい。

事務所で作業中も、店頭買取で何度か呼ばれる。県図書館の方も来店され、社員さんと書類をお渡ししながら立ち話。インボイスが始まって以降、書類の手続きが細かく厳しくなり、現場も大変とのこと。

15時頃にようやくチェックが終わり、昼休憩。買いに出る気力はなく、冷蔵庫にずっとあった、ヨコイのあんかけパスタのレトルトと、昨日買ったゆで卵を食べる。「ダイアンのガチで!ごめんやす」古着屋回と、「本日はダイアンなりシーズン2」最新回を1.25倍で見る。ゆっくり見たかったけれど、今週は木曜金曜と休むので、配信が終わってしまう前に両方とも見ておきたかった。

16時も過ぎてしまったが、ご近所のパン屋さんが17時まで「商店街婚」をされているので、お祝いの気持ちだけは伝えたくて、太閤堂と足を運ぶ。仲間の方々がたくさん出店されていて大盛り上がり中とのこと、そういう場所が大の苦手のため、もう本当に足がすくんでしまったのだけれど、いつも美味しいパンを買わせてもらう大好きなお店の方なので、顔だけはなんとか出したいと、踏ん張って、行く。終了間際で少し落ち着いてはいたものの通りは陽気な空気と人々で占められていて、見知った顔の方々をちょこちょこ発見つつ、コソコソと人混みをかき分けていくと、パン屋のsさんが入刀されたチーズを配っていらっしゃった。それでもなお近づかないわたしの背中をぐいっと何度も太閤堂が押すので、なんとか、おめでとうございます、とお伝えして、チーズをふたかけらいただく。sさんはわたしより年上と、この商店街婚を伝える新聞記事で知ったけれど、いつも以上に笑顔が愛らしく、元気で可愛い白いドレスも似合っていて、素敵だった。

作業場に戻り、本の仕分けを進める。お休みをもらうこともあり、なるべくコンテナを片付けていきたい。途中、父がやってきて、先日の富山土産で送った鱒寿司が美味かったのでお礼に、と、鰻弁当をふたつ差し入れてくれる。実家の庭で採れたというビワもくれたが、わたしは生まれて一度も食べたいと思ったことがなく、食べたこともない。近所のビワの木に登ってとりたいとさえ思っていたという社員たちに分けたら喜んでくれて何より。

f:id:tsurezuresha-diary:20240603014704j:image

  • 今日聴いたもの…さまぁ〜ずのサマラジ、銀シャリのおむすびラジオ(2つとも作業しながら軽く聴きがち)、空気階段の踊り場(いつも期待せず聴いても思ったより笑えるのだけど体調イマイチなときはあんまりハマれないとわかった。彼らに罪はない)

なんてったって春

なんてったって春

6月1日(土)

ふわふわした目覚め。貧血のような感じ。起きて、また横になると楽。会社員だったらこのまま寝ていたくなったところだなあーと思いつつ起きる。

久しぶりに社員さんも揃って朝礼。今日は18時からミーティングとしたので、その資料を作らなくてはいけない。早く送らなくてはならないメールを送ってから、まずは新入荷ワゴンの棚差し。美術、文学、自然科学が多め。自然科学の棚がいっぱいになってきたので、動いていなかった山の本を下げて詰める。もっと棚がほしいなあ、と思う。12時半頃までかかって終わる。

先月分の売り上げを集計したり、数字となんとか向き合いながら、ミーティング資料作成。気づけば15時をまわっていて、慌ててコンビニへ。食べたいものが思いつかず、海老マヨおにぎりとヤンニョムチキンを買い、持参したカットサラダと春雨スープでお昼にする。意外とヤンニョムチキンがアリ。ゆっくり食べる時間がなかったので、作業場で「ゲストダイアン」ミスターマリック回を1.25倍速で見ながら。

16時をまわり、お隣の居酒屋がだんだん賑やかになってくる。iPadサカナクションを大きめに流して、小さく口ずさみながら作業。文庫と新書の仕分け1コンテナ分。17時を過ぎたので店に戻り、アルバイトさんに給与明細を渡して見送る。キャッシュレス決済のあれこれをレジのスタッフさんと確認したり、メール仕事をしているうち、18時に。

2階でミーティング。先月の売上と今月の計画の報告、今後のイベント出店の段取り確認、などなど話しつつ19時まで。ちょっと不安なことも、自信を持ち切れないことも、新しく始めることも、スタッフさんたちの言葉や態度に力をもらうと大丈夫!という気になり、実際に大丈夫にしてこられた。わたしにとって「株式会社」「法人」という肩書は、なにか偉ぶるためとか形だけとかそういうのでなく、「徒然舎」の名の下に、それぞれのスキルを活かして、それぞれの立場で責任をもって、みんなで動かしているものだという今の仕事の実態を表すものとして、すごくしっくりくるもの。

f:id:tsurezuresha-diary:20240602013847j:image

 

5月31日(金)

今朝もたっぷりおかしな夢を見たなあと、自分に呆れながら起きる。昨夜焼いておいた塩鮭をどうしても食べたくて、すごく適当に弁当をつくる。たぶんこの塩鮭には残りご飯が少なすぎる。

今日も社員さんは1人有休。朝礼のあと、午後からの税理士監査の準備。通販の売上を計上したり、全連総会歓迎大市で買った明細を確認したり。あっという間に開店時間になり、スタッフさんたちがドアを開けると、お世話になっている先生がいらっしゃり、お買取をお預かりする。また別のお持込もあり、お客様も続き、バタバタとするうち13時。税理士さんが来られて、作業場で監査スタート。3ヶ月もかかってようやく「岐阜駅 本の市」の、会計上の処理を完了できた。やっと終われた。

監査をお任せして店に戻り、そそくさと弁当を食べる。狭いバックヤードが荷物で埋まっていたので、自分の机でなるべく静かに食べていると、会社員時代を思い出した。食べたあとは突っ伏して寝ていたものだったなあ、休憩時間終了ぎりぎりまで。今はもう、すぐにまた仕事をする。

ここのところずっと胸をもやもやさせていた件が、スッキリする。思い切った。一歩踏み出すときはいつも、いつも、迷うし怖いし悪いシミュレーションばかりするし、決断はしんどいし不安ばかりよぎるけれど、動くべきときには動くべき、と、ここにくるまでに学んできた。信じた道を進むしかない。止まれない。

太閤堂がご近所の買取から戻ってきたので監査結果を聞く。所得減税の件や、新しいクラウドソフトの件なども。2階にできたスパイスカレー屋さんに行きたいんです、というお話をして、税理士さんは帰られた。

その後、急な来客があったりして、とにかくソワソワさせられる一日。心落ち着かせるべく、朝に買取した人文書を値付けし始める。内容も状態もよく、うきうき元気になってくる。値付けしつつ、店番の社員さんとおしゃべり。海外のアートブックに関心があるそう。気になるものあったら注文していいよ、と伝える。いつも海外からの通販注文にも、がんばって英語で対応してくれている。これからが楽しみ。

f:id:tsurezuresha-diary:20240601011720j:imageふるさと納税のとうもろこし・甘々娘が届いた。好きだけど多すぎるかも…

years

years

多分これが変わらないことのひとつ years

5月30日(木)

ガチャガチャした夢を見て何度も目覚めたり寒くなってダウンベスト着込んだりしながらバタバタと朝。また1週間くらいはこんな感じかあ。バイオリズム的なものもあるし、不確定要素、不安要素も抱えてしまっているのでよくない。

社員さん1人が有休。みんなでがんばりましょう、と朝礼。明日の税理士監査に向けて準備をしなければいけないのだけど、あまり捗らない。じくじくと進めるうち、太閤堂は買取に出かけ、終えて帰ってきた。

就労支援センターの方から電話。利用者の方がそちらのお店に立ち寄って魅力を感じたのだが、求人予定はないか、見学や体験はできないか、等々。人手の面でも時間やスペースの面でも難しい旨を丁寧にお話ししてお断りする。古本屋という空間の優しさのせいか、時折こうした問合せがある。店を開けている目的のひとつでもあるので、弱った心に届いていることは嬉しい。

銀行へ行き住民税を納め、新札へ両替する。郵便局へ向かい、新刊の精算を払い込み、記帳する。ついでにスーパーへ寄り、昼食調達。

作業場で昼。納豆巻きとカットサラダ、カリウムを求めて多めに乾燥わかめを入れた味噌汁。iPadTVerで「本日はダイアンなりシーズン2」。なんだか久しぶりな気がする。何回か笑う。お昼に見るのに、ほんとちょうどいい。

作業場で本の仕分けと値付けを進める。有休の社員がお休みのうちに進めておかないと、すぐに作業が追いついてしまう。みんなほんとうに一生懸命に働いてくれる。その姿に、ずっと助けられている。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531002321j:imageヘッド博士!(安い)

  • 今日聴いたもの…銀シャリのおトぎばなし(なぜか鰻が収録時間に優しい回。マットレスの件の報告もあったからかな。いつもこんな感じでゆったりやってほしいな)、アンガールズのジャンピン(公開収録回はあんまり面白くなかったな。やっぱりそれはその場にいる人たちの時間だ)

キャラバン

キャラバン

砂漠のラクダ使い🐪 春夏秋冬は呆気ない

この この不安ならいつもの  この この夜は暗くても

5月26日(日) 富山3

昨日、駅のニトリで買った低反発枕が合ったせいか、きちんと寝られた感じで起床。嬉しい。部屋を片付け、荷造りし、9時にチェックアウト。駐車場の車に荷物を乗せ、会場へ。

ブルーシートを外し終えると、顔がむくんで目があまり開いていないぽらんくんも登場。約束通り、tくんと、気になるスーパー銭湯の朝湯に行ったとのこと。怪しんでいた割には、ふつうにいいお湯で拍子抜けだったとのこと。浴場の天井にあるという無数の防犯カメラを確認し忘れて残念がっている。と、ぽらんくんが持ってきていたシヴァ神がほしいというお客様登場。スタート前だがあれこれ畳み掛けられた結果、売ってお預かりもしている。

時間ギリギリまで売場を整え、持ってきた分の本をすべて並べきる。単行本の量が少なかったせいで、2日目は文庫の存在感が増した。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531012213j:image

10時に2日目がスタート。ひとまず駅構内のマックへ。こんなことでもないと食べられない朝マックの、マックグリドルセット。甘くてしょっぱい味はやっぱり好きなのだけど、わたしの食べるペースと腹加減的にはヘビーすぎて、最後は少し飽きてきた。ぽらんくんに昨夜の出来事など聞いていると、店内の静けさが気になる、と何度も太閤堂が言う。マックなんて若者がうるさいところのはずなのに、富山のマックは静かすぎて浮いている、とのこと。

今日は14時から当番。あまり時間はないものの、一度行ってみたかった富山県美術館へ行くことにする。運動のため、ひたすら歩く。お、入口かな、と思ってからが結構長い。運河を中心にした公園は広くて気持ちいいけれど、目的地は遠い。12時少し前に入館。遅くとも13時にはここを出よう、と話して展示室へ。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531012824j:image

たぶん子どもの頃、親に連れて行ってもらって見たことがある気がするエッシャーの作品。無限に続く階段が、描き合う手が、敷き詰められたような鳥が、子ども心にとても面白くていっときはまっていた気がする。渋く育ち大人になった今、エッシャーがこだわり、計算して描いた作品にはどうも惹かれない自分がいた。確かに面白いし気持ちいいのだけど、コンセプトアルバムに感情移入できないような感覚があった。もちろん作品としての完成度はすごいし、細部まで見入ってしまう。でも、ほしい!撮りたい!(ほぼ全点撮影可だった)と思ったのは、師・メスキータの影響を感じる初期のものだけだった。東京ステーションギャラリーでみたメスキータを思い出す。メスキータは本当によかった。係の方が勧めてくださるので、恥ずかしいなと思いつつ、体験コーナーにも入る。全体として展示数は少ない感じだったので、時間的に助かった。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531014340j:image

見終えたのかな?と展示室を出ると、あのクマがいた!うちに小さなフィギュアでいる、三沢厚彦のシロクマだ。その視線の先に、建物の外に子グマがいる。外に出ると、大中小といる。力強くも愛嬌のある造形にひとしきり戯れる。テンション上がって愛でていたら結構時間が経ってしまい、所蔵品展のチェアコレクションや、瀧口修造コレクションは駆け足で見ることになってしまった。エットレ・ソットサスのソファの座り心地は意外とよく、瀧口修造の「地球創造説」が行方不明になってしまった悔しさを思い出した。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531014936j:image

急いで会場に戻る。そろそろ足が痛い。新しいスニーカー(1003さんと偶然お揃い)のおかげで足裏は痛くないものの、ふつうに太腿や脛が筋肉痛でだるい。20分くらい、構内のサンマルクカフェに座ってアイスティーを飲み、当番へ。マックグリドルで胸焼けしてお昼は食べなかったが、だんだん空腹感が迫る。そんなタイミングで林ショップさんが差し入れてくださった豆大福が沁みる美味しさ。ラフな包装で手作り感が強い。また食べたいけどお店がわからない。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531015844j:image

レジ担当の古本ブックエンドiさんとお話ししつつ17時まで。「大変だったけど、あの「本の市」の時みたいなレジを打ちたくなりますね」と何度も言ってくださる。たしかに、あのテンパった状況を経験してしまうと、どんな催事も忙しくなく感じる。それは、いいことにもよくないことにも思う。

危惧していた駆け込みレジなどはなく、穏やかな感じでイベント終了となり、撤収開始。みな段取りよく、明るい時間のうちに、撤収の目処がついていく。課題山積みなのにお疲れのぽらんくんは、早めに帰路へ。京都組を手伝いに行った太閤堂を車で待っていたら身体が冷えてきて、ドアを閉めて丸まって待つ。京都組のトラックを見送り、20時頃に帰路につく。インターまでの道中にある8番らーめんで食べたバターラーメンとチャーハンが、冷えた体に染み込んだ。眠くなりつつも堪え、太閤堂に話し続け、0時過ぎくらいに岐阜着。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531020654j:image

5月25日(土) 富山2

あまり寝た気もしないまま6時に起床。ホテルの枕は高くて固かったが、それだけとも思えず。先日の蚤の市の時もそうだったけれど、設営前はいろいろが気がかりで頭が休まらない。

7時に搬入しはじめる。始まってしまえば目も覚めテンションも上がり、スイッチが切り替わる。いつもの嬉しい面々と再会の挨拶を交わしながら、手は黙々と動かす。今回、あまり下準備せずに来てしまったので、コンテナから本を出しながら、長机4本を並べた上に置いた2段の木箱に、いろいろな要素を考えながら詰めていく。途中から太閤堂に文庫の並べを手伝ってもらい、なんとか10時前に並べ終わる。完全に納得のいく並べにはならなかったけれど、まあよしとする。朝礼も終わり、「第11回 BOOKDAYとやま」スタート。

f:id:tsurezuresha-diary:20240528013139j:image

ふと見ると、隣のZINEブースに岐阜のgさんがいて、ちょこちょこと設営している。仲間の二人もおらず、机に敷くものも持ってきていないとのことで、布を貸す。それにしても寒い。会場には時おり冷たい風が吹き抜けていき、身体がどんどん冷えてくる。30分くらいお客さんの様子を見た後、ぽらんくんを誘って駅構内の「立山そば」へ。去年も3人で行ったが、麺が売り切れてしまい食べられなかった店。なんとなく京都のdさんも合流して4人で。昼には早い時間だったこともあり空いていて座れた。白えび天そばと鱒寿司。蕎麦つゆの色が薄くて驚いたが、味はしっかりしていた。鱒寿司屋さん直営なだけあって鱒寿司の美味しさが印象に残った。

f:id:tsurezuresha-diary:20240528015812j:image

温かい蕎麦のおかげでやっと身体が温まる。会場に戻り少し棚を直していると、コーヒー飲みに行こう、と太閤堂が言い、次は京都のtくんを誘って、ぽらんくんと4人でマルート内の喫茶店へ。わたしはずっとスタバのティバーナ店舗で紅茶を飲みたいのだけど、結局いつも、機会はない。スタバは、久々に会った仲間とダベる場所ではなさそうなのだ。なんともいえないデザートパンを男衆は食べている。

f:id:tsurezuresha-diary:20240528021044j:image

会場に戻る。個別ブースに出店していたON READINGの黒田さんにご挨拶。ちょうど読まれていた辻山さんの新刊「しぶとい10人の本屋」を買う。

今日の閉場は18時。かなり時間がある。去年は近くをぶらぶらしているだけで二日間が終わったのだが、今日はぽらんくんの提案で、高岡市にある「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」へ行くことになる。太閤堂が車をとりに行く間、ぽらんくんは、会場で始まった、田口史人さんのレコード寄席を聞いている。太くてエロくて偉そうな野坂昭如の歌声が響いていた。こんなアーバンなデザインの会場で、こんな春の日に聞くザ・昭和な野坂昭如は、悪くない感じがした。

野坂昭如に後ろ髪ひかれつつ、車に乗り高岡へ。ふだんあまり経験することのない平野感、そしてその先にある立山連峰の存在感に感心しながら30分。工芸高校に隣接している文化施設に着く。

f:id:tsurezuresha-diary:20240530002829j:image

正直なところ、避けてしまっていた。子供の頃からずっと好きな、藤子不二雄。F先生とA先生。折々に背中を押してもらってきた「まんが道」。思い入れと思い出が多すぎて、感傷的なほうへ心が動かされるのが(そして心が内向きになってしまうのが)怖くて、避けてしまうようになったもののひとつだった。

けれど、小さな一部屋ながら凝縮された展示を見るなかで心に迫ってきたのは、F先生の漫画への熱い真っ直ぐな思いと、真摯に漫画に向き合い全力で打ち込む姿だった。胸を打たれ、いま欲しかった、前を向いて進むパワーをもらえた気がした。余韻に浸りながら、コロ助のピンバッジとドラえもんの手拭い、クリアファイルを買う。

熱く明るい心のまま、高岡大仏へ。「まんが道」で見た、あの大仏は、ほんとうに住宅の間に突然現れた。なんだかありがたみがないよ、と、以前訪れた母は言っていたけれど、家々の間に座り目線も低い大仏様は親しみやすい雰囲気があって、これはこれでありがたい気がした。「まんが道」のシーンを太閤堂とふたりで再現し、ぽらんくんに撮ってもらい、大満足。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531003437j:image

閉場間際に富山駅に戻る。今日だけ出店のgさんたちのブースにいた、「アックス」佳作の塚原裕基さんにお祝いを伝える。とても嬉しそうで、わたしも嬉しい。sさんが撮りたいとのことで、ブースの3人と太閤堂とでTシャツ記念撮影。程なく初日が終わり、売り場にブルーシートをかける。

みんなでゾロゾロと古書さいとうさんの後に続き、懇親会会場へ。Googleマップで見たとき、スナック?と思った店は、中に入るとちゃんと居酒屋になっていて、満席だった。そしてさすがさいとうさんの選んだ店、しっかりとどの料理も美味しかった。隣に神戸の1003さんが座られて、初めてしっかりといろいろお話できたのが嬉しかった。高山のお店もいろいろ教えていただく。ろくに寝ずにがんばってきたぽらんくんが、ここにきて酒に大いに負けていて楽しい。明日を考え一次会でわれわれは辞す。

f:id:tsurezuresha-diary:20240531004145j:image

5月24日(金) 富山1

店が始まる前にプラセンタ9回目。前回調子良かったので、今回もお尻に打ってもらう(腰付近)。週2ペースでまめに通っているけれど、実はみんなこんなに通わないのかな、と、ちょっと気になりながらも、明日からのイベントに向けて元気が欲しくて。

朝礼のあと、少し迷ったけれど、新入荷ワゴンの本の棚差し。オカルト、美術、文学、などなど。やはり美術書はひときわテンションが上がる。棚に入りきらず、文庫を小さいコンテナに移して床置きに変える。

春の「岐阜駅本の市」のときに混ざってしまった他店の本や売上スリップを持って、店を出発。13時。

車中でも、陽射しが暑くて眩しい。明るさは前向きな気持ちにしてくれてありがたいけれど、もう暑さに耐える季節が始まるのか、と思うと憂鬱でもある。長良川サービスエリアで手土産を買い、フードコートで高山ラーメンを食べる。コンビニもチェーン店も入らない、昔風のサービスエリアだが、東名・新東名の商業化されまくったサービスエリアに飽きてきているので、これはこれで懐かしい雰囲気がいいなと思えるようになってきた。なんとなく、店の人たちも優しい。

何度か寝落ちしているうち富山に入っていた。工事で車線が規制されていたせいで富山インターで降りそこない、次のスマートインターチェンジで降りるなど、富山市入りしてから遠回りになったけれど、なんとか宿に着く。

たぶん会場にいるだろうと駅へ向かうと、やはり古本いるふaくんは本を並べていた。労いの手土産を渡し、少しだけおしゃべり。「岐阜駅本の市」を経て、イベント主催側の人知れない苦労を体感したので、主催してくださる皆さんへの感謝の気持ちは一層強くなった。手を止めてしまうのも申し訳なく、早々に辞す。

せっかくだし豪勢に寿司でも、なんて思っていたが、そういう店に行列する観光客を見たら一気に萎え、スーパーの寿司を大人買いして部屋で食べることにした。去年は、久々に来た富山の、欧米観光客の多さに驚いたが、今年は日本人やアジア系観光客が多い印象。明日また駅に行ったら違うかな。明日は6時起きなので、もう寝る。

f:id:tsurezuresha-diary:20240524235714j:image

アイデンティティ

アイデンティティ

これが純粋な自分らしさと気づいた